額縁の魔法

額縁って、中に入れるものの価値を5割増しぐらいにする威力を持っていると思います。

例えば、私は小学校から大学生になるまで書道教室に通っていたのですが、はっきり言ってそんなに上手にはなりませんでした。それでも何年も通っているうちになんらかの賞をいただいたことがあって、教室の先生が額縁に入れてくれたんですが、一気に立派な「作品」に早変わりです!それが自分で書いたものだとは信じられませんでした。

別にそんなに高額な額縁では無かったはずです。ごくシンプルな額縁、それが私のしょうもない作品を芸術品っぽく変えてくれたのです。まさに魔法!

それからこれは大人になってからですが、小さいながらも自分の家を持って、インテリアにも少し興味を持ち始めた私、モダンな和雑貨のお店で素敵な額縁に惹かれました。それはキュートな金魚が鮮やかにプリントされた手ぬぐいを、ナチュラルなウッドの額縁にいれたものでした。ほしい!

すかさず値段を確認したところ、手ぬぐい自体は千円程度、額縁は色にもよるけど5千円以上します。でも、手ぬぐいだけだとどうしたらいい?どうやって飾る?壁にピンを打つのは嫌だし、このウッドの額縁が無いと全然安っぽい!これはこの額縁に入ってこそなのだー・・・

普通の会社員の私、なかなか痛い出費に悩みましたが、今ではうちのリビングに四季折々の色を添えてくれています。手ぬぐいはシーズンごとに買い替えられる値段だし、ウッドの額縁がなんでも受け止めてくれますんで、買って良かったと思っています!